デッキ紹介

【CL札幌使用】ルギア&チラチーノ with テツノカイナ

記事の更新履歴

  • 2024/5/24 Ver1.1のデッキについて追記しました
  • 2024/5/28 Ver2.0のデッキを作成しました
  • 2024/5/29 Ver2.0のデッキについて追記しました
  • 2024/5/29 Ver3.0のデッキを作成しました

デッキ解説

デッキコード

cc44Yc-wLviZv-8D88cD

5月に開催されたCL札幌で私が使用したデッキ構成になります。

レガシーエネルギーが登場してルギアのデッキに様々なアタッカーが採用できるようになりました。


代表的な例では、テツノカイナex、かがやくリザードン、オーガポンいどのめんexなどですね。

その他、ガチグマアカツキexの登場で終盤の奇襲が可能に。

これはルギアデッキに限った話ではなく、無色エネルギーで起動ができるガチグマはどのデッキにおいても採用候補になっていて、終盤は常にこの子のケアを考えないといけなくなりました。

またゼイユの登場により、先攻1ターン目での

ハイパーボール(キャプチャーアロマ)→ネオラント→ゼイユ→アーケアーケ(アーケオストラッシュ)

のルートが可能になりました。

これまで「博士の研究」や「セレナ」でしか大量のカードトラッシュができず、先攻では2ターン目以降が本格始動というイメージのルギアデッキでしたが、これにより相手に1ターン目から圧力をかけることができるようになりました。(決まると気持ちいいです

レガシーエネルギーでネオラントはワザ「アクアリターン」も使えるようになったので、ネオラントを雑に使ってしまえるようになったのも嬉しいポイントです。

個人的には「ネジキ」が気に入っていて、場に残しておいたネオラントやガチグマ、テツノカイナといったたねポケモンと、トラッシュのチラチーノを入れ替えて即進化→プライマルターボでエネルギー充填→スペシャルころころという奇襲ができるようになりました。

さらにはテツノカイナやガチグマといったアタッカーをトラッシュから復帰させるのにも使えるので、奇襲作戦を喜びとする私としては使っていてとても楽しいカードです。

ジャミングタワーでサーナイトや未来・古代といった「ポケモンのどうぐ」をよく使うデッキの妨害をしてみたり、ハマナのバックアップでレガシーエネルギーやポケモンの再利用をしたりなど、ちょっとした差しカードも入れています。

が、刺さるときは刺さらないときは刺さらないカードです笑 この枠は違うカードにしてみてもいいかもですね。

Ver1.1

デッキコード

yy22pE-HAGjm3-22UMyS

ハマナのバックアップを抜いてミミッキュを入れました。

ハマナを必要とする頻度が非常に低かったことと、ミライドンへの対抗策を盛り込んでみようと思ったところです。

ミライドンexデッキにはどうしてもスピード負けしてしまいますので、ミミッキュで相手の要求値を上げて攻撃を遅らせられないかという取り組みです。


2024/05/25追記

ミライドンとあたって、ミミッキュを先2ターン目からバトル場に出すことに成功しました。

一時的に動きをとめてごっつぁんプリファイの猶予ができましたが、結局ボスの司令やプライムキャッチャーで後ろを呼ばれて盤面からポケモンが消失という状態になりました。

ミライドンであることがわかった瞬間に、その他のたねポケモンを場に出すことは放棄し、レガシエネルギーを引くまでナンジャモ、セレナ、ゼイユ(博士の研究)をし続けるのが最善手になりそうです。

レガシーエネルギーと何かしらのエネルギーを手張りして、永遠にゴーストアイを打ち続ける…と。

相手にエレキシンボルのサンダーなどの非エクたねポケモンミュウexがいなければ詰ませることができそうです

ミュウexのゲノムハック→ゴーストアイはミミッキュの特性を無視できる

Ver2.0

デッキコード

88Y48c-vZi8Bl-Ya84Yx

シークレットボックス型のルギアを作ってみました。

テツノカイナやネオラントのアクアリターンを使う頻度が非常に低く、あまり刺さりがよくないと感じたので抜いてみました。


2024/05/29追記

PTCGLで回してみましたが、

  • シークレットボックスひけない
  • 引いても手札が足りないということがままある(そんなに都合よくアーケオスがたくさんあるわけでもない)
  • そこまでのコストを払って持ってきたいカードが少ない
  • レガシーエネルギーがないのしんどい(一番重要)

これらの理由でうまくまわりませんでした。

シークレットボックスである必要性がない、という感じですね・・・汗

Ver3.0

デッキコード

22Syp3-P3Q8bK-2MyMyR

2.0から1.1に戻しつつ、ミミッキュをアウトして、ハバタクカミをインしました。

ミライドン対策を放棄し、対ロストに強く出れることを優先してみました。

あとPTCGLで一度、ライコポン(タケルライコオーガポン)のスタートが草オーガポンのみのとき、みどりのまいを封じて事故らせることができました。

PTCGLのデッキコードはこちら

-デッキ紹介
-,